ヒーリングサロンさらら♪メロディクリスタルヒーリング・チャネルリーディング・ヒプノセラピー・セラピスト養成講座・各種ヒーリングワークショップを全国で開催♪

 
ヒーリングサロンさらら 千葉ヒーリングサロン♪メロディクリスタルヒーリング・チャネルリーディング・ヒプノセラピー・セラピスト養成講座・各種ヒーリングワークショップを全国で開催♪
メロディ♪クリスタルヒーリングLEVEL1&LEVEL2ワークショップ
チャネルリーディングセラピスト養成講座
ヒプノワーカーセラピスト養成講座
クリスタル基礎講座&ティーチャー養成講座
各種クリスタルワーク、ワークショップご案内
その他、ワークショップ・瞑想会のご案内
勉強会・合宿・鉱物採集ご案内
ミネラルキングダムの旅〜鉱物レポート〜
活躍中の修了生さん♪ご紹介リンク
プロフィール&コンタクト体験談
ウェブショップ

ブログご質問・ご相談メールフォーム
リンク

since 2008.07

 
このサイトは
Yahoo!japan登録サイトです。

 
 
 

パストライフ   アセンション

 
 
 
 
 
 
 過去世 前世 癒し
 
 
今のあなたに関する事柄と過去世(前世)との関係を調べます。
 
 

今のあなたの状況の中で、過去世(前世)と関係がありそうな事柄をテーマに、過去世との関係を調べてみましょう。トラウマ等の再体験なく、過去世を見る事が出来ます。
 

 
 

メロディ♪クリスタルヒーリング「パストライフアセンション」  
 
今のあなたの状況の中で、過去世と関係がありそうな事柄について調べるワークです。
 
例えば…
 
・身近にいる人との関係(“どうしてこの両親を選んだのか”など)
・具体的な場所(“何で東京に生まれ育ったのか”など)
・関わっている事柄(“どうしてこの仕事に携わっているのか”など)
 
…etc。
 
どんな状況をテーマにしてもかまいません。過去世(前世)に関係あるのではないかと思われる物を見に行きます。
 
 
「漠然としていて、自分でもテーマがよくわからない…」という時は、カウンセリングを通して、テーマを決めるお手伝いをいたします。
 
また、このワークでは、調べたい過去世のテーマを小さな紙に書いて頂きますが、その内容をセラピストに伝えなくても大丈夫です。
「あまり知られたくないなぁ」と思うテーマでも、こちらから無理やり聞き出す事は致しませんので、ご安心下さい。
 
 
過去世退行とパストライフアセンションの違いについて
ヒプノセラピーの過去世退行では、イメージの中で過去世の自分になりきる感じで、その過去世の人生を、感情や感覚等と共に再体験するような内容でセッションが進んで行きます。
 
その過程の中で、時々、現在のトラウマを解放する為に、そのトラウマの原因となった過去世のネガティブな出来事を再体験する時があります。(ただし、ヒプノセラピーでのこのような場合、セラピストが状況を見て、再体験を避けるようその時々に応じた対処をいたします。)
 
このクリスタルセラピーのパストライフアセンションでは、再体験する事なく過去世を見るようにセッションが進むのが特徴です。
 
 
 
 
 
 
前世 過去世 パストライフアセンション  セッションの流れ 
(1セッション:約130分 内容により、多少前後する場合があります。)
 
カウンセリング&事前説明パストライフアセンション〜ハイアーセルフ〜未来巡行シェアリング
 
カウンセリング&事前説明…まずは、お茶を頂きながらほっと一息。
そして、カウンセリングを通しながら、今回のテーマとセッション内容についてのご相談を行います。
初回の方は、続けてヒプノセラピーについての事前説明を行います。
分からない事、不安な事はなんでもお気軽にお尋ね下さい。
 
シャクラオープン…クリスタルを使って、体の中心線にそってあるエネルギーセンターのシャクラ(チャクラ)をオープンします。
シャクラをオープンすると、自動的にシャクラの自浄作用が起こります。
 
パストライフアセンション…クライアント様に横になって頂き、体の上にクリスタルを配置し、セッションに入ります。
過去世の番組が映し出される、テレビスクリーンを使って、過去世の番組を見ていきます。
番組から過去世の情報を得た後、意識を戻します。
 
ディクシャ…セッションの仕上げにご提供するサービスです。
頭頂部分に手をあてて、心のブロックが出来る部分に、直接光を送り、癒しを促します。
 
シェアリング…最後に、お茶でのどを潤しながら、今回のセッションを通して得た体験を分かち合いましょう。
気づいた事、新しく沸いた質問やご相談などがございましたら、どうぞお申し出下さい。
 
 
 
 セッションの後は… 
 
受け取った体験やメッセージを大切に持って帰りましょう。
セッション中のイメージの世界で得た体験やメッセージが意味する事を、セッション後にすぐにわかる時もあれば、逆に、すぐには意味がわからない時もあります。
そんな時でも、しばらくすると気付きが訪れたり、ぱっとひらめいたり、自分の内面の変化に気づいたり…色々なきっかけから、その意味する所がわかる日が訪れます。
 
ですので、「今は何の事か、よくわからないなぁ」と思う体験やメッセージでも、大切に心に留めてお持ち帰り下さいね。
 
また、ヒプノセラピーは「無意識の領域」で癒しや変容が進むため、まさしく“無意識のうちに”癒しや変容が進んでいます。
 
なので、「これが、この時、こういう風に変わった!!」と顕在意識ではっきりと分かっているという感覚よりも、
「あれっ?そういえば、いつの間にかあの事で悩まなくなってるな‥」というように、気づかないうちに変容していく体感の場合も多くあります。
 
自分の内面や、心を振り返る意識を持っていると、この“無意識の変容”も、「私のこれが、この時、このセラピーの体験で、こういう風に変わった」と、顕在意識で気づいて自覚できる体験になります。
 
この“無意識の変容”を、逃さず掴めるように、そして顕在意識での気づきや理解を深めるために、以下の「ヒプノダイアリー」をお渡ししています。
是非、ご利用くださいね!
 
 
 
 ヒーリングサロンさららからのプレゼント。ヒプノダイアリー 
 
毎回、お帰りの際に“ヒプノダイアリー”をお土産にお渡しいたします。
 
セッションでの体験を思い出しながら文字にして書く事で、潜在意識の変容を顕在意識で確認し、無意識の変容を自覚ある変容になるよう促します。
 
また、振り返りながら文字にして書き出すことで、新たに気付く事もあります。
 
書き留めておいて、後日、それを見返す事でその時の気持ちを思い出したり、セッションを受けた後はすぐに分からなかったことが、後で分かって確認できることもあります。
 
ヒプノダイアリーを使って、セッションでの体験を思い出しながら体験記を綴ってみましょう。
 
 
 
 
予約・お申込み方法
 個人セッションの予約・お申し込みは、インターネットからかお電話からで受付けています。
 ページ下部の利用規約、プライバシーポリシーをご確認・ご同意の上、お申込み下さい。
 
インターネットでお申し込み
 
以下のボタンをクリックして、ヒーリングサロンさらら個人セッション予約・お申し込みページを開き(新しいウインドウで開きます)、
カレンダーからご希望の日・時間帯を選んでクリックして頂き、必要事項をご記入の上、お申込み下さい。
 
   
 
 
電話でお申し込み
以下の番号まで、「個人セッション希望」としてお電話を下さい。
 
 080-5406-5029 (9:00〜21:00)  川野辺
 
セッション中、セミナー中は電話に出る事が出来ません。着信履歴の番号へ、後ほどこちらからおかけ直し致します。
こちらからお電話をかけ直す時は、個人名(川野辺)でおかけいたします。
番号非通知のお電話は受け付けません。おかけになる時はご注意下さい。
 
 
お申し込み後48時間以内に、お申し込み頂いた個人セッションや講座・ワークショップのご案内メールが届きます。
このメールがそちらへ届かない場合、メールアドレスの誤入力や使用メールサーバー環境によるメール不達が考えられます。
その際は、大変お手数ですが下記までご連絡下さい。↓
   siva★happysalala.com (★を@に変えて下さい)或いは 080-5406-5029(9:00〜21:00)
 
 
メールでご連絡が取れない場合、お申し込み時にご記入いただいたお電話番号へ、確認の為にご連絡させて頂く場合がございます。ご了承下さい。 
 
 
◆利用規約◆
個人セッションは、中学生以上から施術を受けていただけます。
セッションのお申し込み者が20才未満の場合、保護者の同意が必要です。
セッションで起きる体験は、クライアント様の自由意思に基づきます。
こちらの「セッションについて」をご一読いただき、ご理解とご協力をお願い致します。
 
 
◆キャンセルポリシー◆
予約申し込み後のキャンセルは、予約日前日までにメールか電話で以下までご連絡下さい。(突然の事情で当日キャンセルの場合も、以下までご連絡のほどどうぞ宜しくお願い致します。)
   siva★happysalala.com (★を@に変えて下さい) 或いは 080-5406-5029(9:00〜21:00)
キャンセル料は発生しません。
 
 
◆プライバシーポリシー◆
ご予約の際にご連絡頂いたメール以外の居住所やお電話番号に、宣伝目的などの予約に関わりのないご連絡は一切致しません。
個人情報保護の為に、お申し込み者様の許可なく個人情報を第3者に開示致しません。第3者が閲覧できる媒体にも開示致しません。
 
             ←BACK                         Page top ▲